FC2ブログ
プランド・ハプンスタンス

今日から数日、実家の桐生滞在です。「雷と空っ風、義理人情」の上州。今、外はその雷と雨です。クランボルツ教授の「プランド・ハプンスタンスセオリー;計画された偶然理論」。日頃から「偶然」への種を蒔き、「偶然」との出会いを逃さないことが大切という理論であり、とても気に入っている考え方です。執筆や講演の依頼、大学教員の公募等々、様々な「偶然」との出会いを生んだのは、きっと、これまで少しずつ種を蒔いてきたからなのだろうなぁと振り返っています。人生では、これからも様々な「偶然」に出会うことでしょう。種まきはもちろん、「偶然」に出会ったとき、それを逃さないよう、アンテナの精度もまた高めていこうと思っています。
今日のPOCKET;「偶然」への種を蒔き、「偶然」との出会いを楽しみに待つ!



スポンサーサイト



教育・カウンセリング | 16:51:39 | トラックバック(0) | コメント(0)