FC2ブログ
知識生活黄金時代

先日、ある小学校1年生の算数の授業を参観しました。30名弱の子どもたちが見事に45分集中して学ぶ姿に、「ああ、これが知識生活黄金時代ということか‥」と感動しました。担任の先生が練りに練った「作戦」に、子どもたちが心地よく乗っている‥、そんな印象を受けました。子どもが「種」であるならば、教師は「水」や「光」と言えるでしょう。「種」が芽を出し、大きく育つために、たっぷりと「水」「光」があたっていた素晴らしい授業でした。また、一人「授業名人」に出会いました。
今日のPOCKET;児童期は知識生活の黄金時代



スポンサーサイト



教育・カウンセリング | 09:15:29 | トラックバック(0) | コメント(0)