FC2ブログ
主人公

「時には想い出行きのガイドブックに任せ、あの頃という名の駅で降りて昔通りを歩く…」、さだまさしの「主人公」を聴きながら「いいなぁ」なんてちょっと感傷に浸っています。さだまさしを聴くようになったのは大学時代憧れの先輩から薦めてもらったから(その頃から年上の人に憧れ、漫画でいうと「愛しのエリー」、「めぞん一刻」にはまったりして。結局、実生活でその憧れが叶いました!!)。「人生の主人公は自分自身」というのは実存主義哲学の骨子です。そして、主人公である自分は「在りたいように在れ(COURAGE TO BE)」という言葉につながります。どちらも、私自身、元気になる言葉です。
今日のPOCKET;「人生の主人公は自分自身」



スポンサーサイト



アラカルト | 22:10:47 | トラックバック(0) | コメント(0)