FC2ブログ
水を得た何か…

先日の秋田講演会の参加者の方が、私の話しぶりに対して、「水を得た何かのように…」とメールをくださいました。それは前に立って話をしている私自身がとても楽しかったからだろうと思います。これは、若い頃、養護学校の子どもたちの前に立っていた時とよく似た感覚だなぁと、今、あらためて気づきました。前に立つ自分自身が、話すことを「興味深いなぁ、面白いなぁ、楽しいなぁ」と思うこと。相手の心に届く話し方のポイントなのでしょうね。
今日のPOCKET;「自分が興味深く、面白く、楽しいと思えることを相手に伝える」



スポンサーサイト
教育・カウンセリング | 18:51:56 | トラックバック(0) | コメント(0)