FC2ブログ
引き出しを開きあう

今日は朝8時から鳥取の高校の「校門指導」に立ちました。
「生徒の登校風景も是非見てほしい」という学校の要望があったからです。
気持ちの良い挨拶ができる生徒、できない生徒‥と様々でした。
挨拶一つでも印象が大きく変わります。やはり挨拶‥‥「当たり前だけど大切なこと」です。

午後は250名を超える参加者を迎えてのK小研究大会。
子どもたちが一生懸命授業に向かう姿は、いつ見てもうれしいものです。
協議では、授業の中で子どもたちがかかわり合う手立て等について様々に意見交換がなされました。
「ペアワークでかかわってはいるが、その発言レベルについてはどうなのか‥」
「子ども同士のかかわりを通して、教科のねらいに関してはどのような力がついたのか」等々。

いい議論が展開されそうだなぁというところで、協議時間わずか30分でタイムアップ。
お互いが自分の中に持っている「引き出し」を開きあうチャンスだっただけに残念でした。

一つの町全体の研究大会でしたので、「引き出し」の開きあいを是非、続けてほしいところです。
教育のプロとして、引き出しを開きあうことも腕の見せどころでしょう。

今日のPOCKET;「お互いの引き出しを開きあう」



スポンサーサイト



教育・カウンセリング | 22:19:41 | トラックバック(0) | コメント(0)