FC2ブログ
簡潔性と日常性
先日の博士論文口頭試問で、主査(指導教官)より次の言葉をいただきました。

「研究で大切なことは『簡潔性』と『日常性』である。
研究知見が他者に伝わるには、簡潔な言葉による説明が必要である。
また、他者が自分たちの日常に照らし合わせ、頷きながら聴くことが
できるような具体性を伴った言葉による説明が必要である」

2/7(日)の三重での特別支援関係の講演会は現時点で868名の申込みが
あるそうです。幅広い参加者に対して言葉を伝えるヒントを主査から
いただいたような気持ちです。

今週の日曜日も先週同様、きっと私にとって「メモリアル・デー」になります。

今日のPOCKET;「簡潔性・日常性を大切に、言葉を伝える」

スポンサーサイト



教育・カウンセリング | 22:45:17 | トラックバック(0) | コメント(0)