FC2ブログ
心を育む
今日は名古屋の小学校の校内研修。いただいたテーマが「豊かな心を育む支援」。あらためて「心とは?」と考えるよい機会でした。

恩師である國分先生から、「心とは思考・感情・行動の総称」と学びました。例えば、思いやりのある子は、老人には席を譲るものと考えることができ(思考)、「立っているのは辛いだろうな」と思いを馳せることができ(感情)、「どうぞ」と席を譲ることができる(行動)

三つのどれかがかけても思いやりのある子といえない(実際に行動に移せないなど)。そして、三つのセットの質的チェックも必要(論理性があるか等。老人は身体が弱いから席を譲るべき? とても健康な老人もいるぞ~)

つまり、「老人にはなるべく席を譲ろう(思考)、でも年寄り扱いされて嫌に思う人がいるかもしれない(感情の察し)、だから確認してから譲ろう(行動プラン)」がセットで考えられる子が、思いやりのある子と言えるでしょうか。そして、結論は次の通り。

今日のPOCKET;「心を育むとは思考・感情・行動を育むこと」

スポンサーサイト



教育・カウンセリング | 22:15:40 | トラックバック(0) | コメント(0)