FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ハンカチの話
今日は豊川の中学校での校内研修会。近隣の小学校からも参加があり、
研修を通した小中連携もいいなぁと思いました。
「通常学級における特別支援教育」に関する研修でしたので、「ハンカチの話」を
紹介しました。ハンカチのほつれた糸を持ち上げると、糸が切れてハンカチが落ちる
ことがある。糸が気になる子、ハンカチが学級と例えるなら、気になる子のみに目や
手をかけすぎると、周りの子が不満を抱え、学級全体が荒れるということです。

親野智可等先生が述べられたことを、私が自分の実践と合わせ、少しアレンジして、
様々な機会に紹介しているエピソードです。

本日、文溪堂の教育マガジン「hito*yume」7号
が家に届きました。
P28にもそのエピソードを紹介していますので、どうぞご覧ください。
「hito*yume」7号には、私の単著「時々“オニの心”が出る子どもにアプローチ 
学校がするソーシャルスキル・トレーニング」のプレゼントもあります(5冊)。
恥ずかしながら「サイン入り」(サインをする機会などないので、その点貴重!?)。

今日のPOCKET;「糸ではなくハンカチを持ち上げる」

スポンサーサイト
教育・カウンセリング | 21:39:30 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。