FC2ブログ
初めての飛騨高山
講演のため、飛騨高山までワイドビューに乗って出かけました。
初めての高山‥‥駅前が観光客で大賑わいでした。

2時間の講演会は、「えっ、もう2時間経った!?」と自分でも驚くほど
時間経過が早く感じられました。約50名の参加者が笑顔で私の話を聴いて
くださったからです。「教育相談研修」参加者だけにさすが!です。

江戸末期の学者、佐藤一斎が「勉強の夏日(かじつ)は、なんぞその短きや
(言志耋禄139条)という言葉を残しています。「勉強に励んでいる時、長い
夏の1日のなんと短いことか」という意味ですが、今日はそれを実感‥。
楽しく、充実した時間だったということですね。

紅葉真っ盛りの飛騨高山に、また出かけてみたいと思います。

今日のPOCKET;「短い1日を喜ぶ」

スポンサーサイト



教育・カウンセリング | 21:43:38 | トラックバック(0) | コメント(0)