FC2ブログ
フランクルの言葉
高橋佳子氏の「魂の冒険」(三宝出版)を読んでいたら、V.フランクルの次の言葉を
思い出しました。

「どんな時も人生には意味がある。私たち一人ひとりには、なすべきこと、充たす
べき意味が与えられている。そしてそれと共に、今・ここに定め置かれている。
そしてその何かは、私たちによって発見され実現されるのを待っている。私たちは、
常にこの「何か」によって必要とされ、それを発見し実現するのを待たれている、
そういう存在なのだ」

人生の意味を発見する手がかりとなる三つの問い‥‥「この人生は私に何を求めている
のか?」、「何が私を必要としているのか?」、「誰が私を必要としているのか?」‥‥。

1年の締めくくりに、あらためて自分に問いかけてみようと思います。

今日のPOCKET;「人生の意味はすでに足下に送り届けられている」

スポンサーサイト



教育・カウンセリング | 22:25:15 | トラックバック(0) | コメント(0)