FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
様々な人生に触れる
数日かけて「遙かなる未踏峰」(J.アーチャー.新潮社)を読み終えました。エベレスト初登頂の
謎を残したまま亡くなった登山家マロリーを描いた作品です。1924年に遭難したマロリーの
遺体は1999年に発見され、その模様はNHKスペシャルで放映されたことを今でも覚えています。

「そこに山があるから」という言葉を世に残したマロリー。妻と約束した「写真を頂上に
置いてくること」を果たし、きっと1924年に初登頂したと、私は信じています。

山と言えば、学生時代、新田次郎氏の小説を読み続け、山への憧れを強くしたことがあります。
「孤高の人」の加藤文太郎氏、「栄光の岩壁」の芳野満彦氏、「銀嶺の人」の今井通子氏‥等、
それぞれの方の生き方がまぶしく見えたことを思い出します。(加藤氏が槍ヶ岳で遭難した昭和
11年の新聞記事を図書館で探したほど、熱くなったことがありました)

読書を通し、様々な人生に触れながら、自分の人生を考えさせてもらっているのだと思います。

今日のPOCKET;「様々な人生に触れることで自分の人生を考える」

スポンサーサイト
アラカルト | 21:47:11 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。