FC2ブログ
腕の見せどころ
昨日、今日と続けて小学校での校内研修会、明後日は適応指導教室の先生方の前で
話をします。私がいつも自分に課しているのは、「与えられた時間内で伝えるべきことを
しっかりと伝える」ということ。それができたかどうかが、自己評価のポイントとなります。
大学の90分授業も全く同じ。「主要カウンセリング理論の概要を伝える」というねらいで講義を
するのなら、90分後、精神分析や自己理論等の概要が、学生の中に残らなければ、私の準備や
進め方が悪かったということになります。
いかに、受講者(学生、教師等)の気持ちを惹きつけ、伝えるべきことを伝えられるか‥‥
私の「腕の見せどころ」です。

プロである以上、自分の「腕」を鍛え続けたいと常に思っています。教壇に立って28年。昔に
比べれば「腕」は太くなってきましたが‥‥。めざす「腕」の太さは、まだ遙か遠くにあります。

今日のPOCKET;「プロとしての腕を鍛える」

スポンサーサイト



教育・カウンセリング | 23:27:00 | トラックバック(0) | コメント(0)