FC2ブログ
年内最終講演会
今日は某市での教育講演会講師を2時間務めました。雪の中、150名弱の方が
参加してくださったこと、真摯な受講態度、素晴らしい会場…等、いいこと
ずくめの講演会で、年内講演のラストを締めくくることができ、幸せです。

講演後、参加者から「講演をする際に、一番気をつけていることは何ですか?」
という質問がありました。いくつか答える中で、私が強調して伝えたのは、
「リズム・テンポを変えながら話をしていく」ということでした。「ここで
リズムを変えたら話の理解が深まるかな?」、「ここはゆっくりのテンポで」等を
考えながら進めると、参加者と「つながる」話ができる……そう思っています。

「相手の気持ちは?」と考えながら進めること…。授業場面、子どもや保護者との
かかわり場面においても発揮したい、「教師の腕の見せどころ」の一つですね。

今日のPOCKET;「相手の立場に立ってみる」

スポンサーサイト
教育・カウンセリング | 21:24:42 | トラックバック(0) | コメント(0)