FC2ブログ
大学講義でのリズム・テンポ
今日は2ヶ月毎に開催している名古屋学習会。今日も良き仲間に囲まれ、充実した
学びの時間となりました。3時間の学習会のリズム・テンポがとても良いのは、
参加メンバーに助けられている点が多々あります。

ところが、大学の講義となるとリズム・テンポが毎回、良好というわけではありません。
眠そうな学生、グループワークが苦手そうな学生が目に入ると、「何とかしよう」と
いう思いが生じ、結果、自分でリズム・テンポを崩してしまうこともあります。

前期講義の中でも、「あーあ」と事後反省する講義がありましたが、最近、気づいたのは
学生の様子に対して、自分自身があまり揺れなければ、リズム・テンポが崩れず、結果的に
良い講義が生まれるということ‥‥。学生に学び、「講義の腕」がまた少し磨かれたように
思います。前期講義も残すところあとわずか‥。明日の講義も楽しめそうです。

今日のPOCKET;「自分の揺れは相手にも伝わる」

スポンサーサイト



教育・カウンセリング | 21:46:04 | コメント(0)