FC2ブログ
まだまだ‥
大村はま先生の著作を久々に手に取り、勉強。すると、今の自分が
「専門職(プロ)」としてまだまだだなぁと痛感させられます。

・育てようとねらう力によって、対象、生徒を見つめながら様々な方法を
考えることができるのが、専門職の教師。
・熱心結構、いい人当たり前、けれども一人前の教師なればこそできるという
何かがなければ心細い。専門職として、このことをしていると言える確かなものを
もつ教師であれ。
・自分の本職たる「教える」ということが優れた技術になっていなければならない。

今、教育をめぐる様々なことが話題になっています。大村先生の言葉を反芻しながら、
専門職としての教師である私たちは、皆で襟を正していきましょう!

今日のPOCKET;「職業意識に徹する」

スポンサーサイト



教育・カウンセリング | 23:09:10 | コメント(0)