FC2ブログ
本から学ぶ言葉
昨日、今日と交通機関での移動時間が長かったため、文庫本2冊が読めました。
「おおかみこどもの雨と雪」(細田守著)、「往復書簡」(湊かなえ著)です。
どちらも話題作であり、手に取ったのですが‥‥(これから読む方のために、
私の感想?はここまでとしましょう)。

それでも、「一つ学んだなぁ」と思ったのは、「往復書簡」の中の
「間違っていることを第三者が正そうとするのは正義ではない」という一節。
この言葉は、私にとってはかなり考えさせられる言葉であり、POCKETに入れて
常に反芻したいと思いました。「治そうとするな、わかろうとせよ」にもニュアンスが
少し似ているでしょうか‥‥。

明日から土曜日まで「講演ロードⅢ」がスタート! 夏のまとめの仕事です。

今日のPOCKET;「二者間の問題を第三者が正すのは必ずしも正義ではない」

スポンサーサイト



教育・カウンセリング | 22:15:42 | コメント(0)