FC2ブログ
色あせない思い出
今日の午後は愛知県の小学校での校内研修。
60分間、「学級づくり」に関する話をしてきました。

学級がどの子にとっても「居場所」になるには、教師と
子どもの「縦糸」、子ども同士の「横糸」がしっかりと
結ばれてこそ‥‥と思っています。

「縦糸」を考えると、いつでも思い出されるのがハングルを
独学でマスターしたA君。私は彼との「縦糸」を結ぶために
当時、必死にNHKハングル講座を聴いたものでした。今でも
色あせないA君とのかかわりの思い出です。

今、「娘」とちょっとハングル会話ができるのはA君のおかげ。

今日のPOCKET;「いつまでも色あせない思い出がある」

スポンサーサイト



教育・カウンセリング | 22:47:40 | コメント(0)