スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
緊張の閾値
今日は紀伊長島で地域の小中学校150名弱の先生方を前に
100分講演。「すぐに使える具体的な話を!」というニーズに、
私は果たしてどれくらい応えたでしょうか‥‥。

先日、ある方に「講演の際に緊張しますか?」と尋ねられたので、
「ほとんど緊張しません」と答えたら、その方に驚かれました。
何故、緊張せずに話ができるのか‥。それは、緊張の「閾値」が
若い頃に比べ上がってきているからです。閾値とは「反応・変化を
生じさせるのに必要なエネルギーの最小値」。私は数年前、恩師を
前に講演したことがあり、その時の状況が、言うなれば「閾値」。

若い時は赤面症だった私です‥。やはり経験が人を成長させます!

今日のPOCKET;「経験に優るものなし」

教育・カウンセリング | 22:20:57 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。