自分が「商品」であるならば
客が「この商品をください」と言って店に入ってきた時、「いや、
お客さん、よその店の品の方がいいですよ」と勧める店主はいません。
なのに私は、他店を勧める店主の振る舞いをしてしまったなぁと反省。

今日、浜松での3時間講演を終え、その後すぐに所長から、「来年も
この時期に講演をお願いします」というオファーを受けました。
その時の私の答えは…「特別支援に関する他の先生のお話も受講者は
聞きたいのではないでしょうか?」などと全く失礼な言い方…。
その後、「今日の話の続きを是非!」と言ってくださり、私も自分の
失礼さに気づき、来年12月1日の講演をお受けすることになりましたが…

私という「商品」を気に入ってくださる方を大切に……。大反省です。

今日のPOCKET;「『商品』を気に入ってくださる方を大切にする」

アラカルト | 19:55:02 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad