FC2ブログ
北極星と電信柱

確か神田橋條治先生の言葉だったと記憶しています。「遠く北極星を見ながら、電信柱を一つ一つめざして前に進む」というニュアンスの言葉が大好きです。これまでたくさんの電信柱にたどり着きましたが、着いたときにはもう次の電信柱を見ています。自分の人生の天井も底も、まだまだ見えない高さ、深さにあると信じています。そしてまた、人生は、猪木さんが引退の時に遺した「迷わず行けよ、行けばわかる」(一休禅師)ということであると信じています。
今日のPOCKET;「迷わずに行く、行けばわかる」



教育・カウンセリング | 22:34:10 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する